2016年11月7日月曜日

[自動 (LANDR)] VS [人力] マスタリング 比較レビュー


ふだんマスタリングの仕事をやっている
自分としても少し気になっていた
巷で噂のオンライン全自動マスタリングサービス
LANDR」と「eMastered

その実力はいかに。。。
ってことで、試してみました。




テスト用の音源として、
12月初旬にリリースとなる『STUBBIE RECORDS』の
企画・監修によるコンピレーションアルバムからの1曲で
実際にスタビーでマスタリングした曲のオリジナル2ミックスを、
「LANDR」と「eMastered」を使って試してみました。


今回の楽曲は、2ミックス段階で低域をしっかり入れてあり、
2ミックス時に音圧をそれほど上げずにバランスをとってあるため、
マスタリング段階で、音圧を上げてイコライジング調整するのが
すこし難易度高めの楽曲となります。



以下、その比較音源です。
(すべてMP3で統一してあります。)


●元のオリジナル2ミックス(MP3)




●「スタビーマスタリング」で市販の音源レベルまでマスタリングしたバージョン(MP3)
(完成版のWAVからMP3に変換してあります。)




●「LANDR」でマスタリングしたバージョン(MP3)
(無料で出力できるMP3バージョン。音圧は一番高い設定。)




●「eMastered」でマスタリングしたバージョン(MP3)
(MP3ファイルの出力も有料になっています。)




「LANDR」と「eMastered」の使い方ですが
どちらも音源のファイルをアップロードして
1分ほど(!)でマスタリング完了です。


で、試してみた感想ですが、
「LANDR」と「eMastered」のどちらも
“安全圏”でのマスタリングになっているということ。

つまり、音圧とイコライジングを比較的コントロールしやすい
浅いレベルでの調整になっている点です。

(「LANDR」は一番高い音圧を選択しましたが、
同じく、浅いレベルでの調整になっていました。)


ちなみに、今回の楽曲を、この浅いレベルから
さらに突っ込んで、製品レベルまで音圧を上げつつ、
イコライジングバランスを取っていく作業は
マスタリングの技術としては、難易度が倍増します。


あと「eMastered」の方は、ダイナミクスの処理で、
音が集まる箇所で、圧がかかりすぎて
やや潰れてしまう点が気になりました。



DAWの環境があるミュージシャンであれば、
昨今のマスタリング用プラグインのプリセットなどを使えば、
「LANDR」や「eMastered」くらいの音圧感は、
容易に調整できるレベルかと思われます。



デモ音源などをさくっと上げたいって用途には
良いかもです。



-------------------------------------------

スタビーマスタリング
www.stubbie.co.jp/mastering/

e-mail : studio (at) stubbie.co.jp
-------------------------------------------


0 件のコメント:

コメントを投稿